肝臓病に愛猫が襲われないようにするには?

ウーマン

別れの儀式は大切です

大阪にはペット葬儀を依頼できる業者がたくさん展開しているため、後悔の無いよう見送ってあげることができます。各業者複数のプランを用意しているので、火葬、セレモニー、納骨と最良の形を考えて執り行いましょう。

飼う前に知っておくこと

ヨークシャテリアは外観の優雅さから大人しい犬と思われがちですが、実は活発で運動を好みます。そのため、室内だけで過ごさせるのではなく、外での運動をたくさんさせてあげてください。毎日のブラッシングは必須で、口の周りの毛は切ってあげたり、歯磨きもこまめにしてあげてください。

病気を見分けるには

聴診器

最終的には動物病院へ

今までペットといえば犬が主流でした。ですが近年、犬の数よりも猫をペットにする数の方が、上回ったというデータもあります。猫は犬のように散歩の必要が無いという事から、単身者や高齢者の方でも飼いやすいとして選ばれているようです。ただ、ペットを飼うという事は責任が伴います。病気になってしまった場合は、飼い主がすぐに対処しなければいけません。家族同然のペット、健康を守る為には飼い主が病気の知識を得る事が大切です。猫が発症する病気の種類は様々で、その中の1つに挙げられるのが、「肝臓病」です。猫に起こりやすい肝臓病には、肝炎や肝リピドーシスが挙げられます。肝炎は胆管炎・短観肝炎・肝硬変といった、肝臓病の病気の総称です。初期の場合は、ほとんど症状はありません。症状が重症化してくると元気が無くなったり、食欲が落ちたりすることがあります。また、嘔吐の回数が増えたり、下痢といった症状も現れます。肝リピドーシスは、いわゆる肝脂肪の状態です。肝脂肪といっても猫の場合、かなり重篤な肝臓病なので肝リピドーシスには注意が必要です。肝リピドーシスも肝炎同様、元気や食欲が無くなり、激しい嘔吐が起こります。また、黄疸が出るケースも少なくありません。肝炎・肝リピドーシスは、そのまま放置してしまうと死亡するリスクがかなり高い、猫にとっては危険な病気です。少しでも異変を感じたら、動物病院を受診しましょう。肝炎や肝リピドーシスを引き起こしているかどうかは、血液検査などの検査によって分かります。

安全な食事を与えたい

最近ではドッグフードを通販で購入する人が増えています。店頭で長期保存する必要がなく、添加物や保存料が少なく安心して与えることが出来るからです。また直接購入できるため流通コストが最低限で済み、その分高品質なものが多いのも特徴です。ただし購入する際は、原材料や保存環境などはチェックして購入しましょう。